FC2ブログ

良いお年を。

エステルームアフロディテも今日から3日間お正月休みに入ります。昨日今年最終ご予約のお客様を見送り私も家路に着きました。私の独断ですが、年末年始にご予約なさるお客様は特に美意識が高いと感じています。ですので私もお客様の施術内容やお客様が望む以上に仕上げて差し上げたいと改めて力が入ります。どうぞ皆様も良いお年をお迎えください。


★ エステルームアフロディテでは 痩身 ダイエット セルライト 脚痩せ 下半身むくみ 上半身たるみ 脂肪吸引ケアー サポートします。

★ エステルームアフロディテでは 顔のむくみ たるみ 毛穴 乾燥肌 しみ しわ 小じわ くすみ くま 毛穴 老化肌 法令線 改善と 美白肌 をサポートします。
スポンサーサイト
line

韓国情報part33

映画鑑賞 
学校では、放課後、月に3・4回、韓国映画の上映会があり、有名な映画やわかりやすい映画をただで見ることができた。おおまかなストーリーや難しい単語の説明を書いたプリントをあらかじめもらえるので、ほとんどせりふを聞き取れなくても楽しめる。「スキャンダル」や「JSA」「ブラザーフッド」など、日本でも有名な韓国映画も、嬉しいことに学校で見せてもらった。
 また、シンチョンには映画館が3箇所もあり、入場料は、日本の半分ぐらい、朝一番だと更に安くなるので、気軽に行くことができた。
で、7月末、初めて、学校の友だちを誘って見に行ったのは、アメリカのドキュメンタリー映画「華氏911」。日本にいたときから、前評判を聞いて、是非見たいと思っていた映画だ。当然のことながら字幕はハングル。簡単なせりふは読めるのだが、その程度だったら聞き取ることもできる。だけど、ドキュメンタリーなので、証言や説明が多く、英語の聞き取りはもちろんのこと、字幕を読むこともできず、なんと二人とも居眠りまでしてしまった。
その後は、反省して、大好きな金城武が出演した中国映画を1本見た他は、韓国映画にしぼって見ることにした。見ていてわかったのだが、一番わかりやすいのは子どもが出る映画。それから恋愛物。どちらも、せりふが比較的ゆっくりで、しかも簡単な表現が多いので、充分に楽しめる。悔しいのは、ほかの観客が笑うときに一緒に笑えない時だ。だから、たま~に同じタイミングで笑えると、やった~という感じだ。

キョンジュ(慶州) 
11月初旬、土日の休みを利用して、キョンジュに出かけた。クラスメートのRさんとその友人、それから「ソウルは人が多いからいやだな~」と言っていた夫が、本場のキムチと焼き肉に釣られて遊びに来てくれて、総勢4名の小旅行だ。
キョンジュは、ソウルから高速バスで4時間余り下った、トンへ(東海)側に位置する、かつてのシルラ(新羅)の都だ。ユネスコの世界文化遺産に指定されていて、都市全体が‘壁の無い博物館’ともいわれている。現在は人口30万人ほどのこじんまりした市で、歩いていると、昔ながらの瓦屋根の民家が軒を連ね、その間からひょっこりと古墳が見えたりする。
土曜日は、到着後、高速バスターミナルのすぐそばにある観光案内所でパンフレットをもらい、バスに乗ってプルグクサ(仏国寺)、そしてソックラム(石屈庵)へ出かけた。
プルグクサには、前にも一度来たことがあったのだが、今回は、ちょうど紅葉の時期に重なって、庭のもみじと背景の山の木々の紅葉も美しく、最高の景色だった。
ソックラムは、そこから更にバスで30分ほど山に入ったところにあった。AD751年に建造されたというが、中にはとても大きな仏像が安置されていて、お賽銭をあげて合掌する人々が多い。1000年以上もの間、ずっとここで世の中を見続けてきたと思うと、日頃は宗教心のない私も、何かとてもおごそかな気持ちになった。

 次回へ続く・・・


★ エテルームアフロディテでは 顔のむくみ しみ シワ 小じわ 老化肌 くすみ くま 垂水 毛穴 法令線 を改善と美白肌をサポートします。

★ エステルームアフロディテでは セルライト 痩身 むくみ 脂肪吸引ケアー 下半身むくみ 上半身たるみ 脚痩せ ダイエットをサポートします。
line

韓国情報part32

デパート、スーパー…
 下宿から、歩いて10分足らずのところにデパート、その向かい側には、大型スーパーがあった。どちらも、どこにでもあるものではないので、歩いて行けるところにあるのは、とてもラッキーだった。
 デパートは、一階を入ったところは、日本と同様、女性用のバッグやアクセサリー、化粧品等が陳列されているのだが、日本の場合に比べて、色彩が鮮やかで、特に、金色があちこちにちりばめられていてまぶしいほどだ。店員さんもとても多く、ちょっと立ち止まると話しかけられるので、初めのころはどぎまぎしてしまった。
なかでも、日本とかなり違うと思ったのは、紳士服売り場だ。ピンクやオレンジ、花柄ものなど女性服とほとんど変わらない華やかさで、しかもサイズが日本に比べてひとまわり大きい感じ。そうそう、そういえば、街を歩いていても、韓国の若者たちは大きいな~と感じることがよくある。
 地下は、日本同様食品売り場になっている。スーパーのように食材も置いてあるし、名産物、スナック類、パン屋、軽食食堂などもあり、見ているだけで楽しい。食材コーナーには、ちょっと割高だが日本製品も置かれている。精肉コーナーは、日本の場合はほとんどパック詰めだが、こちらでは、店員が、厚さや形など要望に合わせて切ってくれる。ひき肉も、注文に応じて、包丁で切ってくれるのだ。鮮魚コーナーは、仙台で並んでいる魚とはかなり種類が違っていて、食べたことはもちろん見たことも無いものもあった。九州から来た人の話によると、向こうと種類が似ているとか。九州とソウルでは、気候はかなり違うと思うのだが、海はすぐ繋がっているからだろうか…。また、スナックコーナーでは、お好み焼きやたこ焼きなども、そのままの名前で作って売っていて、最近は結構人気があるようだ。
 シンチョンには、地下鉄駅のところに、ちょっと大きなスーパーもあり、日用雑貨や食品などはそこで安く買うことができる。日本と同じで、価格が表示されているので、何も話せなくても不便は無い。正直言って、文字すらわからなくても、ほとんどの用は足せる。色や表示されているマークや絵などが、なんとな~く日本のそれと似ているのだ。特に、お菓子類や、カップ麺などは、似たような外見にハングルが書かれているので、日本へのお土産にしても面白い。観光で来たある友だちは、88年にオリンピックが行われたチャムシル(蚕室)の、ロッテホテルに泊まったのだが、そこの地下にあるスーパーで、しっかりおみやげを買い込んでいた。さすが、主婦である。
買い物していてちょっと困るのは、日用品のサイズが大きくて、一人で使うにはちょっと…という時があることだ。シャンプーも歯磨き粉も特大サイズなので、かえってコンビニが割安になることもある。それと、会計の時、必ずレジで何か聞かれる。初めは「?」だったのだが、いつだったか「袋は必要ですか?」という意味であることが判明。袋は、別にお金がかかることになっていて、コンビニや、パン屋など、他のお店でも聞かれることがあった。また、日本でいう消費税は15%で、基本的な食料品には課税されていないようだ。 次回へ続く・・・


☆ エステルームアフロディテでは セルライト 痩身 下半身むくみ 上半身たるみ 脚痩せ ダイエット をサポートします。


☆ エステルームアフロディテでは たるみ しみ 小じわ くま くすみ ニキビ 赤ら顔 しわ 法令線 毛穴 乾燥肌 老化肌 を改善して 美白肌 をサポートします。

line

韓国情報part31


次市内を歩いていると、地下鉄駅や道端などで「○○へ行くにはこっちでいいのか?」などと聞かれることがよくある。それも、歩いている人だけではなく、朝、学校へ行く途中、「梨花女子大学はどこ?」と、車を運転しながら聞いてくる人もいるのだ。初めの頃は、びっくりして「あの~あの~」と言っているうちに、相手の方が「あ、韓国人じゃないらしい」と気づいて行ってしまったのだが、少しずつ慣れて、後半は「外国人だけど、知ってるから大丈夫。ついてきてね。」と言って、お役に立てたこともあり、嬉しかった。

ヒョンムソヨクサグァン(刑務所歴史館)
秋晴れのある休日、約束していた友人の都合がつかなくなり、一人で刑務所歴史館に出かけた。シンチョンと同じソデムング(西大門区)なので、バスに乗って数分、大通りから見える独立門の奥のほうにある。独立門から歴史館までは公園になっていて、日向ぼっこをしながら、将棋をさすおじいさんたちの姿がちらほらと見え、のどかな雰囲気だ。
歴史館に入ると、広い敷地にいくつかの建物があり、順に案内標識が立っている。小さい子どもを連れたお母さんたちがおしゃべりしながら見学していたり、小学生ぐらいの子どもを連れた家族などもいて、ここも、一見のどかな雰囲気なのだが…建物は、植民地時代の刑務所そのままを保存・再現していて、独房や処刑場、中には反日の闘士たちが拷問を受けている様子を再現した蝋人形や、音声を入れたビデオ放映などもあり、なかなかきつい。ビデオの部屋では、ちょうど、指導の先生に引率された小学生たちが見ていて、中には、怖いと言って泣いている子もおり、私にとっては、ビデオの内容よりも、子どもたちが見ているという現実の方が、数倍もきつかった。
私たち日本人は、戦後の教育のなかで、当時の植民地支配が実際にどのように行われていたのかを、ほとんど知らされないまま、60年もの間、のほほんと過ごしてきている。だが、ここ韓国では、今でもしっかり、こんなに小さいうちから教えられているのだ。そういえば、日本人の若い留学生が、「韓国人の友人と酒を飲むと、最後は日本の植民地支配の話になって…どうもやってられないんだよね。俺たち、何の力もないもんね…だいたい、昔のことを言われてもね…」というようなことを言っていた。私たち日本人も、しっかりと事実を知った上で自分なりの意見を言えたら、お互いの関係ももう少し変わっていくかもしれないと思うのだが…。ビデオの部屋のある建物の出口に、日本人らしき若者が、ひとり、呆然とした表情で立っていたのが忘れられない。
回へ続く・・・

★ エステルームアフロディテでは セルライト 痩身 浮腫み 上半身たるみ ダイエット 脚痩せ 脂肪吸引ケアー をサポートします。

★ エステルームアフロディテでは 顔の浮腫み しみ シワ 小じわ くすみ くま 毛穴 垂水 乾燥肌 赤ら顔 法令線 老化肌 改善と 美白肌 をサポートします。


theme : 今日の出来事
genre : 日記

line

韓国情報prat30

市内には、歩いていける範囲内に、キョンボックンのほかにも王宮がいくつかある。
韓国人の友人のおすすめで、何度か訪れたのはチャンドックン(昌徳宮)だ。後苑と呼ばれる庭園は、ユネスコの世界文化遺産に指定されている。入場料がちょっと高く、又、観覧時間が決められているが、日本語のガイドさんがつく時間もあり、本当にいつ行ってもその美しさに感動する。案内してくれた友人の話によると、敷地内に、日本の皇室から朝鮮王朝最後の皇太子妃になった、李方子(まさこ)さんが晩年過ごした家があり、そこには家族が10年ぐらい前まで暮らしていたということだ。

また、トクスグン(徳寿宮)から石畳の歩道を少し行くとソウル市立美術館がある。
シャガール展をやっているというので友だちと出かけたのだが、韓国の現代絵画も展示してあり、いろいろ楽しむことができた。
韓国の絵画は、70年代から最近までのものだったが、90年頃までは、白、黒、茶といった地味な色調ばかりで、どうも今の韓国のイメージとは程遠い。不思議に思って、案内してくれた美術系の大学院生Qさんに聞いてみたところ、当時は軍事政権で、芸術家にとっても受難の時代だったとのこと。ああ、そうだったよね、私としたことが…。

トンデムン(東大門)市場へも何度か出かけたが、見物するだけでもなかなか楽しめる。
10余年ぶりに、久しぶりに出かけたときは、前にもまして人が多く活気にあふれていて驚いた。10余年前は、荷物を山のように積んだ自転車があちこちを走っていたのだが、今はもう自転車はどこにも見当たらず、代わりに荷物を積んだ小型のトラックやオートバイが忙しそうだ。ちょうど、チョンゲチョン(清渓川)の復元工事をしていた時期でもあり、トンデムンの近くの道路は、とても混み合っていた。
また、街を歩く人たちも国際色豊かだ。もう一つの有名な市場、ナムデムン(南大門)市場は、ミョンドン(明洞)とともに日本人観光客が多く、歩いているとあちこちに日本語の看板があって、日本語も飛び交っているのだが、ここではもっといろんな国の人々を見かける。
大きな建物がいくつも並んでおり、衣類はもちろん、日用雑貨、布地、本や薬…無いものは無いというぐらい売っている物の種類が多く、初めてお目当てのものを探す時はたっぷり時間が必要だ。
ところで、知り合いになった若者たちは、昼ではなく、夜中から明け方にかけて買い物に出かけるという。なんでも、昼間とは違って、買い出しに来る小売店などが多く、またお店のほうも、卸売り専門に夜中だけ開いているところもあるのだという。軽食の屋台なども出ていて、値段ももっと安いので、まとめ買いにはとても良いのだそうだ。一度その時間にのぞいてみたいとは思ったのだが…眠気には勝てず、その願いはかなわなかった…。
市場からシチョン(市庁)のほうに向かってウルチ路を歩いていくと、照明器具、工具類、農業機械、金物類などの専門店街などがずーっと続いていて、大都市ソウルの中心地にこんな地域があったのかと驚いた。
市場のすぐそばに鶏肉料理のおいしい食堂があるというので、下宿の若い友だちに連れて行ってもらった。雰囲気は市場の食堂といった感じなのだが、家族連れや女の子のグループなどもいて、お店はとても賑わっていた。テーブルには簡易コンロが置いてあり、ニワトリが一羽丸ごと入った、金物の洗面器のような鍋が運ばれて来て…それに、コチュやキムチを入れて、なんと調理用のはさみで小さく切りながら食べるのだ。もちろんニワトリには骨もついているのだが、そのはさみの切れることといったら…。焼酎を飲みながら、真っ赤になった鳥鍋を囲んでいると、ああ、韓国だな…としみじみと感じてしまった。 次回へ続く・・

                 
当店内植物達
カール姉妹
 
エレンヌ、カレンヌ






☆ エステルームアフロディテでは セルライト 痩身 下半身むくみ 上半身たるみ 脚痩せ ダイエット 脂肪吸引ケアーをサポートします。

☆ エステルームアフロディテでは しみ 法令線 むくみ くすみ くま 小じわ ニキビ 赤ら顔 乾燥肌 シワ 老化肌 改善と 美白肌 をサポートします。

theme : (・∀・)ららーん
genre : 日記

line

韓国情報part29

セジョンノ(世宗路)からジョンノ(鐘路)に曲がると、ジョンノ2ガ(鐘路2街)と3ガ(3街)の間に、ダプコル公園がある。
ここには、3・1独立運動のレリーフがいくつも飾られており、前に来たときは、たまたま近くにいた韓国のおじいさんが、レリーフの内容を日本語で説明してくれたのだが、今回出かけてみて、時間をつぶしているおじいさんたちが、以前にもまして多いのに驚いた。公園の門を一歩入ったとたん、「ん?今日はおじいさんだけが入れる日なの?」と思うぐらいで…奥のほうにかすかに女性が2、3人見えて、ほっとして入ることができた。
レリーフには、韓国語の説明文とともに、日本人の憲兵が抗日デモ隊に銃剣を突きつけているシーンなどが赤裸々に描かれており、日常的に、誰でもいつでも見ることができる。日本の人達にもぜひ見てもらいたいと思うのだが、おじいさんたちがあまりに多くて、若者達が入るのにはちょっと勇気が要りそうだ。

ダプコル公園を出て、西側をみると、そこはインサドン(仁寺洞)だ。
青磁白磁などの古美術品や、筆や硯などの書芸用品の専門店をはじめ、韓紙などで作った工芸品や民族衣装、トックといわれる伝統的な餅で作ったお菓子などの、おみやげ屋がずらりと並んでいる。また、屋台でお菓子を売っていたり、土日などは通りで民族衣装を着た人たちの行列があったりして、目を楽しませてくれる。特に‘ヨッ’と呼ばれる飴の大きなかたまりを、大工さんが使うようなカンナで削りながら売っているのにはびっくりした。
食堂や喫茶店なども多いのだが、伝統的な韓国料理が中心で、喫茶店でも、一般的なコーヒーショップとは違って、ユジャ茶(ゆず茶)やモグァ茶(かりん茶)、センガン茶(生姜茶)など、伝統的なお茶を楽しむことができる。そういえば、通りに面してスターバックスが1軒あったのだが、なんと看板がハングルで書かれていてちょっと不思議な感じがした。韓国の友人の話では、ソウルで唯一、ハングルで店名が表示されているスターバックスなのだそうだ。
インサドンになんども足を運ぶうちに、名前を覚えるのが苦手な私にしてはめずらしく、店名を覚えるほど印象に残ったお店が2軒ある。
ひとつはクィチョン(帰天)という喫茶店で、有名な詩人の奥さんが経営しているという。場所は、メイン通りからちょっと路地に入るので見つけにくいのだが、テーブル4つほどのこじんまりしたお店には、いつもお客さんがいっぱいだ。天井が低く、お店の作りも調度類もアンティークな感じで、なんか懐かしく落ち着くのだ。
もうひとつは、ソシム(素心)という、インサドンの北側入り口近く、コンビニの地下にある食堂で、木材を使った落ち着いた雰囲気がすてきだ。菜食主義の知り合いが偶然みつけたのだが、定食メニューには、肉、魚が無くて、野菜や豆、海草などで作ったお惣菜が10種ほども並ぶ。その為か、こちらではスニムとよばれるお坊さんたちも時々食事している。
ここに初めて入ったときは、まだ「韓国料理の代表はお肉かな~」なんて思っていた頃だったので、お惣菜の味付けと種類の多様さにとても感動して、会計のとき、お店の人に名刺をもらってしまったほどだ。そのあとも、旅行で来た日本の知り合いを誘ったりしたのだが、皆喜んでくれ、私としてはとても満足…で、まあ、他のお店もそうなのだが、一人分でも複数で頼んでも、おかずの皿の数は同じで、お互いに箸をつついて食べるようになっているところは、なんとも韓国的だ。

 次回へ続く・・・


★ エステルームアフロディテ では セルライト 痩身 下半身浮腫み 上半身たるみ 脚痩せ ダイエット 脂肪吸引ケアー をサポートします。

★ エステルームアフロディテでは 顔のむくみ しみ シワ 小じわ くすみ くま 毛穴 老化肌 法令線 乾燥肌 赤ら顔 垂水 改善と 美白肌 をサポートします。 
line

韓国情報part28

市内観光
学校は月曜日から金曜日までだったので、留学して半年ぐらいは、土・日を利用して、市内や、日帰りでソウル近郊に出かけるのも楽しみだった。
市内観光で最初に出かけたところは、10余年前に観光で来たときに行った、キョンボックン(景福宮)とダプコル公園、それにインサドン(仁寺洞)だ。
 初めの頃は、交通手段といえば地下鉄だけだったから、シンチョンから地下鉄2号線に乗り、シチョン(市庁)で降りて、北に向かってひたすら歩く。その大きな通りは、15世紀にハングルを作ったという、セジョンデウァン(世宗大王)の像があり、セジョンノ(世宗路)といわれている。
途中には、各新聞社、ソウル一大きな書店のキョボムンゴ(教保文庫)、アメリカ大使館、向かい側にはセジョン文化会館、政府総合庁舎など主要な建物が並んでいて、近くには、日本大使館もある。他の地域とは違って、いつも装甲車が並んでいて、ものものしい警備が敷かれ、週末に、示威行動などがみられるのもこのあたりだ。
 その光景とは対照的に、正面のキョンボックンの遠く後ろには、チョンウァデ(青瓦台)の青い屋根が見え、そのまた後ろには、プッカンサン(北漢山)国立公園が広がっていて、とても美しい。

朝鮮王朝の正宮だったキョンボックンは、正面にカンファムン(光化門)があり、また敷地の中には国立博物館や国立民族博物館もあり、1日かけても全部は見切れないほどの歴史教材がつまっている。
10余年前に来たときは、カンファムンを入ってすぐのところに、植民地時代の朝鮮総督府がそのまま博物館として残っていて、なんともやりきれない気持ちになったものだが、今は、すっかりなくなり広場になっている。そこでは、いつも色鮮やかな李氏朝鮮時代の武人の衣装をきた人たちが催しをしており、記念写真を撮るいろんな国の観光客で賑わっている。
民族博物館には、新たに子供向けの建物や昔あそびの広場もできていて、有史以来の、韓半島の人々の歴史がわかりやすく展示されている。何度か見学に出かけたのだが、平日には、先生に引率された子ども達の集団、休日には、お母さんや若い指導の先生の説明を聞きながら、熱心にノートをとる子ども達の姿があり、印象的だった。入場料は安く、頼めば日本語の説明も聞くことができる。
そういえば、韓国の史跡やお寺、博物館は、どこに行っても入場料が安く、日本語のパンフレットなども準備されていて、気軽に入ることができた。ただ、史跡は、そばに説明文も添えられているのだが、少しずつ韓国語が読めるようになって気づいたのは「1592年、イムジンウェラン(任辰倭乱)のとき焼失し、○○年に再建・・・」(日本では、『文禄・慶長の役』つまり『豊臣秀吉の朝鮮出兵』として知られている)という語句が、いたるところにあるのだ。ほとんど忘れかけていた日本史、また日本では歴史上の人物として親しまれてきた秀吉が、韓国では悪い日本人の代表として教え継がれている。

 次回へ続く・・・



★ エステルームアフロディテでは セルライト 痩身 下半身浮腫み 上半身垂水 脚痩せ ダイエット 脂肪吸引ケアー をサポートします。

★ エステルームアフロディテでは 顔の浮腫み しみ シワ 小じわ くすみ クマ 毛穴 垂水 法令線 老化肌 乾燥肌 改善と 美白肌 をサポートします。

theme : 伝えたいこと
genre : 日記

line

朝鍋(あさなべ)

こんにちわ。今日は降り注ぐ雪で路面もうっすらと雪景色に染まっております。寒い日はあったかい鍋料理がうれしいですね。実は私は毎日朝からいただいております。今日もコチュジャンをベースに辛みが不足なのでトウガラシを加え今が旬の牡蠣やホウレンソウ、山芋、鶏肉、もやし、にら、ゴボウ、ニンジン、玉ねぎを加え朝から、お肌や体が喜ぶ商材を補給?しております。皆さんも、野菜やお肉、海藻類等を取り入れて人気の韓国鍋にしてみてはいかがでしょう。因みに調味料はコチュジャン、味噌、トウガラシのみです。中央に赤く染まっているのがコチュジャン(韓国味噌)です。前の日に具材はカットし寒くて忙しい朝にはぴったりですよ。

s091217_121003.jpg    091217_121034.jpg

★ エステルームアフロディテでは セルライト 痩身 下半身浮腫み 上半身たるみ ダイエット 脂肪吸引ケアー 脚痩せ をサポートします。

★ エステルームアフロディテでは 顔の浮腫み しみ シワ 小じわ たるみ 毛穴 くすみ 乾燥肌 赤ら顔 法令線 老化肌 くま 改善と美白肌 をサポートします。

theme : 雑記
genre : 日記

line

韓国情報part27    

。車両内で、3度ほど、年配の男性が若者たちを注意している姿を見かけたことがある。
2回は、車内で愛を交し合っている若者に対して、「いったい、ここで何をしているんだ!まわりの人たちのことを考えなさい!」まあ、状況からして、そういう内容だったと思われるが、あまりに激怒していて早口だったので、詳しくは??それに対する若者たちの対応が案外素直だったのも、印象深い。
もう1回は、老弱者用座席に若者が座っていて、前に、年配者が来ても席を譲らなかった時。その時の若者は、外国人のようだったので、座席の意味がわかっていなかったのかもしれないが…。
座席を譲るといえば、10余年前に旅行で来た時は、地下鉄でもバスでも、目の前に年配の人が立つと、それがどこの席でも、韓国の若者達、一見大人に反抗的に見える若者たちでさえ、当然のことのように席を譲っていて、さすが儒教の国だと思った記憶がある。今回は、そういう光景はみられず、それぞれ自分のことに没頭していてちょっとさびしい。時々譲っているのは、30代40代の人たちなのだ。まあ、日本ではとうの昔に失われた光景ではあるが…。

地下鉄といえば、学校の友だちに紹介してもらって、テハンノ(大学路)にある劇場で「地下鉄1号線」というロックミュージカルを鑑賞する機会を得た。チケットは電話予約だったが、ラッキーなことに、同級生の、韓国人の旦那さんにお願いすることができた。
当日は、韓国語でどのぐらい理解できるか不安だったが、これもラッキーなことに、その日は日本語の字幕があり、まあ、字幕付きのミュージカルは初めてだったので、あっちを見たりこっちを見たりちょっと忙しかったが、十二分に楽しむことができた。内容も表現もすばらしいもので、韓国では10年以上に渡って親しまれているミュージカルだという。観客の年齢層も厚く、また、日本でも公演されたことがあるとのことだった。



次回に続く・・・

theme : 日記というか、雑記というか…
genre : 日記

line

韓国情報part26  

オリニチブ-その3-
 秋学期が始まり、2週間ぶりに遊びに行くと、子どもたちが「日本の先生!」と言いながら抱きついてくる。担任のL先生も「一緒に遊んでもらえるので子どもたちは大好きですよ」と声をかけてくれ、居場所ができたことを感じる。
以前に教えた、わらべうたあそびを一通り楽しんだあと、夕方の自由遊びの時間は、広告紙を使って折り紙を教えてみる。だまし舟、カメラ、紙風船など2・3回教えると覚える子が多く、覚えた子たちはわからない子に教えてあげたりと積極的だ。毎回、保育園についた私を見ると「カメラ作ろう!」「風船作って!」と子どもたちからのリクエストがあり、一緒に折り紙をするのが楽しみになった。
 このようにして通ったオリニチブだが、3級終了後の冬休みで1ヶ月お休みした後、1月上旬、久しぶりに出かけたところ、園長先生に呼び止められて、年度末で忙しい-韓国は3月から新しい年度が始まる-という理由で、あっけなく終わりになった。突然のことで驚いたのだが、後で、紹介してくれたトトロハウスの人に聞いたところ、その頃は、先生達と園長先生の関係がうまくいっていなくて、園はストライキ状態だったとのこと。退園する子どもも続いて、新年度には新しい園長さんが来たとのことだった。ニュースを見ていると、労働運動が盛んな様子がわかるが、保育園も例外ではなかったらしい。
 
地下鉄
こちらに来て、しばらくの間、一番気軽に利用できた交通機関は地下鉄だ。それは、非常事態でない限り、誰とも話さなくても、放送の内容がわからなくても、目的地まで行けるからだ。
ソウルの地下鉄は、表示がとてもわかりやすく、運賃が安い。そして、ソウル市内のほぼ全域に通じている。ハングルを全く知らなくても、行き先がわかって、英語あるいはローマ字表記が読めさえすれば、目的地まで行ける。乗り換えも、路線ごとの色線でしっかり案内表示がされているので大丈夫。もし、途中で、「ここはどこだろう?」と思ったら、駅名の看板に書かれている番号を見れば、あとどのぐらいで目的地に着くのかがわかる。
さて、地下鉄に乗って気が付いたことは…まず、携帯電話でメールやゲームをしている人や、新聞・本を読んでいる人が多い。時には電話をしている人もいるが、「携帯電話の使用お断り」の表示は見あたらない。それから、時々、傘やボールペンなどを売る人が来たり、署名活動や演説をする人、募金活動をする人が来る。乗っている人たちは、慣れている様子で、トラブルなどは見かけない。仙台の地下鉄や通勤電車とは違って、お化粧をしたり、何か食べたりしている人がいないのはうれしい。



★ エステルームアフロディテでは、セルライト 痩身 下半身むくみ 上半身たるみ 脚痩せ ダイエット 脂肪吸引ケアーを サポートします。

★ エステルームアフロディテでは しみ 小じわ くすみ くま 乾燥肌 ニキビ 法令線 老化肌 たるみ しわ むくみ 改善と 美白肌 をサポートします。

theme : 日々のつれづれ
genre : 日記

line

韓国情報part25  

結婚式
3級で同じクラスになった日本人留学生のPさんは、日本で知り合った韓国人の彼と結婚し、すでに彼のご両親と同居をしていたが、10月10日に、ソウルで結婚式を挙げた。その頃、Pさんとはまだ2週間足らずのお付き合いだったが、めったに経験できないからと、担任の先生と私達クラスメートも招待を受け、当日は、貴重で楽しい一日を過ごすことができた。
最初にその話を受けたとき、まず、悩んだのは服装。GパンとTシャツ、夏用スーツ1着ぐらいしか持ってきてなくて、どんな格好をすれば良いのか…幸いに、留学生の知り合いに、出席したことのある人がいて、聞いたところ、日本とは違って比較的軽装でOKとのこと。なかにはGパン姿で出席する人もいるということで、ほっとする。
また、ご祝儀のようなものはあるのか、いくらぐらいで、どうやってもっていくのか。これもまあ、留学生ということで数万ウォン程度、ご祝儀袋も文房具店で売っていて-日本のように派手ではない-当日、受付に出すのだという。
さて、当日の会場は、シンチョンからバスで東方面に1時間程行ったところにある、結婚式場。彼女の住んでいる町内の近くで、彼女は毎日1時間以上かけて通学していたのだ。日本から、彼女の両親や兄弟達も来ていて、式場には100名ぐらいの人たちがお祝いにかけつけていた。洋装にまじって、伝統衣装のチマ・チョゴリを着ている女性達もいて、目に鮮やかだ。
式は、洋装礼服姿の新郎新婦の入場、牧師さんの説教、ケーキカット、写真撮影などで、30分程度。日本に比べると簡素な感じだ。写真撮影の前に、新郎がご両親に床に手をついておじぎをする‘クンジョル’があり、また、会場の参加者に向かって‘僕はやりましたよ~!!’といったような歓声をあげたところが、ユニークだった。
その後、参加者達は、別の階にある食堂で昼食をとった。座席は決まっていなくて、バイキング形式。それぞれ、好きな席で好きなものを食べて飲んで…そのまま解散となる。担任の先生は、日本の結婚披露宴のことも知っていて、ずいぶん違うのでがっかりしたのでは…と気を遣ってくれたが、それぞれ違っていることが、かえって興味深く面白い。
食事も終わる頃、韓国伝統の婚礼衣装に身を包んだ新婚さん二人が挨拶に来たのだが、私達が食事をしている間に、新郎の両親に挨拶をする、伝統的な‘ぺべク’という式が行われたという。外国人ということで、式の様子を見学することもできたのだそうだが、それがわかったのは式が終わった後だったので、ちょっと残念なことをした。

次回に続く・・・

★エステルームアフロディテでは セルライト 痩身 ダイエット 下半身浮腫み 上半身たるみ 脚痩せ 脂肪吸引ケアー

★エステルームアフロディテでは 顔の浮腫み しみ しわ 乾燥肌 小じわ 毛穴 クマ くすみ 老化肌 法令線 赤ら顔 改善と 美白肌を サポートします。

theme : お知らせ・紹介
genre : 日記

line

韓国情報part24

そのOさんが、ある日「杉原千畝を知っているか」と、聞いてきた。知らないと答えると、驚いたように、リトアニアでは、もっとも有名な日本人だと言う。第二次大戦中、リトアニアに住んでいて、ナチドイツからユダヤ人を守った人なのだそうだ。後で調べたところ、当時の外交官で、現地には記念館もあるとのこと。う~ん、世の中には、知らないことがまだまだ多い…。
授業を聞いていて、同じ韓国語でも、話す母国語によって独特のくせがあることがわかってきた。中国語圏の人には中国語なまり、英語圏の人には英語なまり、日本語を話す私達には日本語なまりの…そして、まだまだ未熟な私には、先生の韓国語以外では日本語なまりの韓国語が一番聞き易かったのだ。とはいえ、皆、私よりは流暢な韓国語で会話できるので、いろんな意味でとても勉強になり、またいつも温かく助けてもらった。
授業では、毎日新しい文法を数個ずつ習い、すぐその場で、習った文法を使って例文を作って話すのだが、私はそれがとても苦手だった。先生の説明を聞いているときは、なるほど!とわかった気になるのだが、次の瞬間には忘れてしまい、例文を作るのにとても苦労するのだ。順番が回ってくるまでの間、どきどきしながら、頭を悩ませ…もう、心臓に悪くて…で、その間に、クラスの若い仲間たちは、いとも簡単そうに発表しているのだ。若いってすごい!今では、想像もできないけれど、自分にもそんな日があったのだろうか。
本を読むときも、皆の発音が聞きやすくてきれいなので、自分の発音のおかしなところをチェックでき、勉強になった。何よりも助けられたのは、先生が毎日の連絡事項などを話した時、私は、だいたいボーっとしていて、聞き取れないことが多かったのだが、すぐにクラスメートに通訳してもらえたことだ。もちろん、先生も私にはだいぶ配慮してくれたのだが…。
3級の一大イベントは、演劇大会。全員参加で、脚本、台本もすべて自分たちで作り、クラスごとに発表するのだ。そういえば、2級のときは、ノレ(歌)大会があったのだが、入学したばかりの学生だけのうちのクラスは盛り上がらず、当日、他のクラスの盛り上がりを見て驚いてしまった。
今回は、日本からの学生が多いせいか、なんとなく気心が知れていて、またリードしてくれる人もおり、そばで見ている限りはとても楽しかった。が、自分も参加するとなると、話は別で、私にとって、習いたての文法や言い回し、ことわざなどを盛り込んだ韓国語のせりふを覚えるのは、至難のわざだった。それで、どんどん削って短~くしてもらったのだが、それでも覚えられず、前の晩に苦心して作ったアンチョコも、先生の知れるところとなり…本番では、せりふがぶっ飛んで、会場は大爆笑。皆の足を引っ張ってしまった…。しぼんでいる私に、クラスメートたちは「いやあ、楽しかったよ」と声をかけてくれ…本当にやさしい。

次回へ続く・・・


★ エステルームアフロディテでは セルライト 痩身 浮腫み 上半身浮腫み 下半身垂水 ダイエット 脚痩せ 脂肪吸引ケアー をサポートします。

★ エステルームアフロディテでは 顔の浮腫み しみ シワ 小じわ くすみ クマ 毛穴 赤ら顔 垂水 老化肌 法令線 改善と 美白肌 をサポートします。
line

韓国情報part23

心苦しくて、何度かお断りしたのだが、それでも「韓国流」ということで、結局、ありがたくいただいてしまった。手づくりの給食は味が薄めで、ごはんは、日本でも流行の五穀米や、あずき入りのごはんなどが多く、たいへん美味しかった。また、子どもたちと一緒のテーブルで、と思ったのだが、先生が自分のテーブルに用意してくれ、その時間は、先生とゆっくりお話ができる唯一の時間になった。観光地を紹介してくれたり、宮崎駿夫の映画の話や、ノーベル賞を受賞した田中さんのことなども話題になり、日本のことに関心を持っている様子だった。
 何日かオリニチブへ通って気がついたのだが、先生と子ども達との立場の違いが、とてもはっきりしている。先生は、子ども達に対して、比較的、はっきりきびしく話をするのだが、子ども達はそれをよく聞いている。保育室が3階なので、先生が席をはずすことも多いのだが、そういう時は、ちょっとはめをはずして走り回る子ども達もおり、うまく、気持ちのバランスをとっている様子だ。じゃれあってちょっとしたけがをする子もいたのだが、皆あまり気にしない様子で、自然に事がおさまっていくことが多かった。
自由遊びの時間は、先生たちは掃除や片付け、教材準備や連絡帳-年長児も毎日、個人の連絡帳を持ってきている-の記入など忙しそうで、ほとんど子どもだけで遊んでいる。夕方も室内遊びなので、先生方は、子ども達を見ながら、何か仕事をしているといった感じなのだ。また、時々、実習生やボランティアの学生が入って子ども達と遊んであげていた。 
秋学期
9月末、三週間の秋休みが終わり、秋学期、3級が始まった。
クラスメートは、2級の時とすっかり変わり、13人中11人が在日の子弟を含めた日本からの留学生で、他の二人は、台湾、リトアニアからの留学生だ。年齢的には20代が中心で10代30代、そして私…。唯一の30代、といっても30歳になったばかりのNさんとは、その後ずっと、おしゃべりしたりお酒を飲んだり、楽しい大人のお付き合いをさせてもらった。また、2級の時のクラスメートのうち、3級に残ったのは、私を含めて4人だけだった。
クラスに顔見知りは一人しかいなかったのだが、驚いたのは、初日から、なんか皆の顔の表情がわかり、初めての会話にも温かさを感じたことだ。もちろん日本語での会話だが、言葉が通じるということが、これほどまで私自身の精神状態に影響を与えるとは、本当に驚きだった。うっかりすると日本語だけで話してしまい、韓国語の勉強にならないので、そこは気をつけなければならなかったのだが…。
唯一の欧米人、リトアニアから来ているOさんが隣に座った時は、やった!韓国語が話せる!と、ドキドキしながら韓国語で話しかけたのだが、なんと応えは流暢な日本語。聞いてみると、韓国に来る前、日本に2年間留学していたとのことで、ちょっとがっかりだ。


次回へ続く・・・


★ エステルームアフロディテでは セルライト 痩身 下半身浮腫み 上半身垂水 ダイエット 脚痩せ 改善

★ エステルームアフロィテでは 顔の浮腫み しみ シワ 小じわ くすみ 毛穴 垂水 赤ら顔 法令線 老化肌 クマ 改善と 美白肌 をサポートします。




line

韓国情報part22

オリニチブ-その2- 
秋休みの間は、園長先生の勧めもあり、午前中10時すぎに行く事になった。旅行に出かけたりしたので、実際に行ったのは、数回だったと思うが、子ども達の日中の活動を見せてもらえる貴重な経験になった。
まず月曜日は、全園児が3階に集まって、国歌を始めいろんな歌を歌ったり、園長先生のお話を聞いたりする。結構長い時間だが、皆静かにしているのには驚いた。先生に抱っこされた小さい子達もいて、かわいらしい。
その他、遠足に行った日のことを絵に描いたり、手づくりおもちゃを作ったり。製作活動は、言葉がわからなくても、見ながらお手伝いできるので嬉しかった。
困ったのは、先生のお話を聞いたり、先生が絵本を読んでくれる時間。始めのうちは、聞こうと思って緊張しているのだが、時間が経つに連れて、何を話しているのかわからなくなり…眠くなってしまう。そんな私を見て、Mちゃんは、韓国語わからないの?と気の毒そうに聞いてくる。内容がわからないのにじっとしていなければならないことがこれほど大変なことだとは…子ども達の苦労が少しわかった気がした。
またある日は、チマ・チョゴリ・パジの伝統衣装を着て、専門の先生にお茶の作法を習っていた。日本とは違って煎茶で、挨拶といただき方の作法だ。民族衣装は、日本の和服とは違って、手軽に脱ぎ着できて、たたみ方も簡単なので、子どもたちはほとんど一人で脱ぎ着したり片付けたりしていた。
4・5歳児のクラスは昼寝が無くて、お茶のほかにも、昼食後の午後の時間を使って、英語教育や民族楽器のチャングの演奏など、専門の先生による活動が計画的に行なわれていた。チャングの時間は、やんちゃな男の子たちも楽しいようで、いきいきした表情が印象的だった。
9月下旬、ソルナル(お正月)と共に韓国の大きな行事であるチュソク(日本のお盆にあたる)の前には、園でも伝統遊びが行われた。なかでも‘ヨウヤヨウヤ’(きつねやきつね)という遊びは、園でみせてもらった唯一の集団遊びで、日本のわらべ歌遊びに似ており、小さい子達も楽しそうに参加していた。
昼食は、完全給食で、子ども達は家から仕切りのついたお弁当箱と箸、スプーンを持ってきている。何人かの当番の子が、担任のL先生と一緒に、階段を昇り降りしながら、1階の厨房から給食を運んでいた。持ちやすいようにパックに入っているが、それにしてもこぼすこともなく上手に運んでいるのにはびっくりした。また、テーブル拭きの布巾が見当たらないのが気になったが、食べ終わった様子を見ると、食べこぼしはほとんど無くきれいに片付いているので、これまたびっくりである。
昼食は、先生の分もあり、私にも用意してくれた。食事の時間は、準備や片づけが大変だろうから、きっとお手伝いすることも多いだろうと、はりきってエプロンまで持っていったのだが、そんなことは全然無くて、かえってご飯までごちそうになることになった。

次回へ続く・・・

★ エステルームアフロディテでは セルライト 痩身 下半身浮腫み 上半身たるみ 脚痩せ ダイエットサポートします。

★ エステルームアフロディテでは 顔の浮腫み しみ しわ 小じわ くすみ くま 毛穴 老化肌 法令線 赤ら顔 垂水 改善と 美白肌 サポートします。
line

韓国情報part21

ところで、乗ったタクシーの運転手さんは、とても親切で、一生懸命話しかけてくれたのだが、私たちが学校で聞いている韓国語とはあまりに違い、ほとんど理解できなかった。方言のことは聞いてはいたのだが、これほどとは…。
 最後は、韓半島の西南に位置する港町モッポ(木浦)から船でホンド(紅島)へ。船に乗るのは初めてではなかったのだが、あまりに揺れて、初めての船酔い…島に着いたころはすっかり参ってしまった。
しばらく休んだ後、遊覧船に乗って島の周りを一周。青い空、ホンドの岩肌に青々と茂った松、松。そしてホンドを囲む岩の小島に打ち寄せる荒々しい波。仙台・松島の松とは正反対の大陸的な雄雄しい風景に、船酔いもすっかり吹っ飛び、写真をとりまくった。
遊覧も後半に入るころ、小船が近づいてきて、釣り上げたばかりの魚をその場で刺身におろし、焼酎と一緒に売り始めた。たくさんの乗客たちが買い、その後はミニ宴会をしながらの観光に。そして、降りる頃にはすっかり片付き、皆、何も無かったかのように平然と、そして楽しそうに降りていった。う~む、さすがお酒に強い!!こんな光景も、なんか韓国らしく頼もしい。
 帰りの時間になり、船着場へ向かう道々、すれ違う人たちが皆、波が高いので船着場が反対側になったことを知らせてくれる。どこに行っても感じることだが、皆本当に親切だ。お昼を食べたお店のおばさんに、酔い止めの薬があることを教えてもらい、それを飲んで、帰りの船は快適そのものだった。感謝、感謝。 
今度の旅は、私が日本から持ってきた観光ガイドブックには載っていないところばかりだったが、期待をはるかに超えてすばらしいものになった。学校で習った韓国語の復習にもなり、また、道路標識や案内板・看板などには漢字語が多く、その使い方も、日本と同じ場合がかなり多くて、発音は難しくても見たら理解できることが意外に多かったのだ。
韓国の漢字は、読み方が一つのものがほとんどなので覚えやすい。その一つの読み方を知っていると、熟語はそれらの組み合わせなので、その熟語が書いてある場所や状況に合わせて、同じ読みの漢字を思い浮かべながらパズルのように当てはめていって…ふむ、年を取っていて得することもあるじゃん!それは、落ち込み気味だった私にとっては、自信を取り戻すきっかけにもなった。
ところで、一緒に旅した若者達は、2級1学期だけの留学だったので、そのまま本国に帰った。今ごろは、どんな生活をしているだろうか。

次回へ続く・・・
 
★ エステルームアフロディテでは セルライト 痩身 下半身浮腫み 上半身たるみ 脚痩せ ダイエット サポートします。

★ エステルームアフロディテでは 顔の浮腫み しみ シワ 小じわ くすみ くま 毛穴 垂水 法令線 赤ら顔 老化肌 改善と 美白肌 サポートします。
line

韓国情報part20

秋休み、小旅行
夏学期、2級が終わり、9月は3週間ほどの秋休みに入った。
授業にはなんとかついていくことができ、中間、期末の2回の試験もまあまあだったのだが…自分としては大きな壁にぶちあたっていた。というのは、学校で習った韓国語を生活の中でうまく使えないのだ。周りの若い学生たちは、学校以外でも、韓国人の友だちと遊びながら新しい言葉や文法を覚えて取り入れ、日常会話を楽しんでいるようなのだが、私の場合、間違ってへんなことを言ったら恥ずかしい、という気持ちが先にたってしまい、普段の生活の中でなかなか言葉が出てこないのだ。これでは、何の為に留学までしたのかわからない。秋休みは3週間もあるので、一度日本に帰ることもできるのだが…今回は帰らずに、韓国語での日常会話に慣れることを目標にがんばることにする。

そして、秋休みの大イベントは…同じクラスだった若い友達に誘われて、一大決心をして一緒に旅行に出かけたことだ。
日本語は通じないから、一緒に学校で習った韓国語が唯一の共通語だ。電子辞書と教科書を携えて、行き先はチョンジュ(全州)マイサン(馬耳山)の麓にあるタプサ(塔寺)、クァンジュ(光州)5・18墓地、それにホンド(紅島)。
まず、高速バスターミナルから高速バスに乗ってチョンジュへ。高速バスターミナルは地下鉄3号線、7号線で行くことができ、降りたところがターミナルになっている。前回は列車を利用したので、今回、初めてのバス旅行だ。利用してみてわかったのだが、それがとても便利なのだ。どこへ出かけるにも予約がいらず、全国各地に向けて20~30分おきにバスが出ていて、しかも安い。
 マイサン(馬耳山)の麓に着いたころはあいにくの雨だったが、その名の通り、馬の耳のような2つの山に挟まれたタプサ(塔寺)の風景は、すばらしいものだった。あちこちに、石を高く積み上げた塔が立っていて、全体的に寺を囲むような形になっており、地震の多い日本では見られない神秘的な雰囲気をかもしだしているのだ。
 次は、市外バスに乗ってクァンジュ(光州)に向かった。市外バスは、高速バスとは少し違って、いくつかの停留所に停まりながら目的地まで行く、急行列車のようなバスだ。時に日本の昔の演歌がそのまま日本語でかかっていたりして、なんか懐かしい感じだ。
 クァンジュのバスターミナルからは、タクシーでクンニブ5・18ミョジ(国立5・18墓地)へ。1980年5月に起こった、いわゆる光州事件で犠牲になった人たちが安置されている。’97年に完成され、2002年に国立墓地に昇格したという。敷地内には資料館もあり、写真、ビデオ等を通して、事件の様子を知ることができる。’80年当時は日本のマスコミでも報道されたので、ある程度の知識はあったものの、あらためて当時の様子を見、そして現在の韓国を見て、韓国の人たちのエネルギーのすごさ、その発展のめまぐるしさを感じた。

★ エステルームアフロディテでは セルライト 痩身 ダイエット 下半身むくみ 上半身たるみ 脚痩せ サポートします。

★ エステr-ムアフロディテでは 顔のむくみ しみ しわ 小じわ くすみ クマ 毛穴 垂水 老化肌 法令線 赤ら顔 改善と 美白肌 サポートします。







line
line

FC2Ad

line
プロフィール

RIEKO

Author:RIEKO
FC2ブログへようこそ!

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
フリーエリア
エンダモロジーでセルライト改善  とオールハンドフェイシャル
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line