FC2ブログ

韓国情報part44

軽い気持ちで出かけたのだが…なんと!学校の正門から会場付近まで、大型バスが50台余りも並び、会場付近には、私のような日本のおばさんたちが、ぎっしり詰め掛けていたのだ。野外なので、もしかしたら高台からコンサートを覗けるかも…と淡い期待を持って、会場の見える高台-もちろん学内の-に登って行くと、そこには背広姿の警備員がいて、「ここから先には行けません」とのこと。
この時期は、ドクド-竹島などの問題がまだマスコミをにぎわせている頃で、友だちの一人は「この政治意識の低さはどうなんだろう…」と批判的だったが、私としては、日本のおばさんたちのパワーはすごい!とあらためて感心してしまった。
会場をのぞけないので、やむをえず、桜の美しい校内をぶらついていると、近くで、何か別のドラマの撮影らしきことをやっていて、若い女性が、せがまれてサインをしている様子…「なんか、女優さんみたいだね」ということで、ちゃっかり一緒に写真を撮らせてもらった。現像して、韓国の友人に見せたところ、ベデュナという俳優さんで、韓国では“ジウ姫”より人気のある人だという。
桜といえば、韓国にも桜で有名なところがいくつかあり、テレビで紹介されていた。学校の桜もきれいだが、ソウルでは、ヨイド(汝矣島)の桜がきれいだという話を聞いて、次の日は地下鉄を乗り継いで桜見物に出かけた。
ヨイドは、シンチョンから見ると、ハンガン(漢江)を挟んで南側に位置し、ソウルで一番高いユクサンビル(63ビル)や、国会議事堂がある島だ。桜並木は、国会議事堂の脇をハンガンの土手沿いに続いていて、木々は予想以上に大きく、美しい花を咲かせていた。土手沿いにシートを広げてくつろぐ人々や、私たちのように並木に沿って散策する人々、出店などでにぎわっていて、まるで日本で花見をしているような、ワクワクした気持ちになった。

次回へ続く・・・

★ エステルームアフロディテでは セルライト 痩身 下半身浮腫み 上半身たるみ 脚痩せ ダイエット 脂肪吸引ケアーをサポートします。

★ エステルームアフロディテでは 顔の浮腫み しみ シワ 小じわ くすみ 毛穴 法令線 老化肌 たるみ 赤ら顔 乾燥肌 くま 改善と 美白肌 をサポートします。






スポンサーサイト
line

韓国情報part43

入養院というカトリックの施設で、赤ちゃんの保育の手伝いをするという。入養院とは、親の手で育てられない、生まれたばかりの赤ちゃんが、里親のもとへ引き取られるまでの間預けられる施設だ。養子縁組は、朝鮮戦争後、犠牲になった子どもたちを、海外の里親のもとへ送ることから始まったとされるが、この施設は、89年、国内での養子縁組を援助するために作られたという。また最近は、未婚の若い母親が預けるケースが増えているという。未婚の母親を援助する制度はあるのだが、世間の目が厳しくて、母子が一緒に地域で暮らしていけないのだそうだ。
保育の手伝いなら、私にも何かできるのではと思い、5級のクラスで仲良しになったTさんと、説明会に連れて行ってもらった。数十名の韓国の人たちにまじって、シスターから、奉仕活動の心構えや赤ちゃんの扱い方などの話を聞き、その後、簡単に自己紹介。家庭の主婦らしき人たちとともに、若い男女が結構多い。
月に2回の奉仕活動だったが、学校の課題が多くなってきた時期でもあり、実際に行くことができたのは、この日を含めて4回程。シンチョンでの学生生活だけでは知りえない貴重な経験をすることができた。
一緒に行った若者たちに、どういう人がこの施設を利用するのか、国はどんなかかわりをしているのかなどを教えてもらいながら、考えてみると、私自身、児童福祉の一つである保育所で25年間も仕事をしてきたが、日本の児童養護施設がどういう仕組みになっているのか、実態がどうなっているのか、ほとんど全くわかっていないことに気がついた。

桜の季節 
4月のある土曜日、下宿のSさんから「『ウェチュル』の撮影でやるコンサート見に行こうよ」と誘われた。かの有名なヨン様主演の映画-日本語タイトル『四月の雪』の1シーンに使われるコンサートの撮影を、実際のコンサートを行いながら、やるというのだ。会場がヨンセ大学の野外劇場だったこともあり、掲示板には早くからポスターが張り出されていて、あることは知っていたけど…。
「チケット無いから見られないかもしれないけど、日本からファンがどのくらい来るか…お天気も良いし、散歩がてら行ってみようよ」さすがは、日本でテレビ関係の仕事をしているSさんだ。

次回へ続く・・・


★ エステルームアフロディテでは顔の浮腫み しみ シワ 小じわ くすみ くま 毛穴 垂水 老化肌 乾燥肌 赤ら顔 法令線 改善と 美白肌 サポートします。

★ エステルームアフロディテでは セルライト 痩身 浮腫み 上半身垂水 ダイエット 下半身むくみ 脂肪吸引 ケアーサポートします。
line

韓国情報part42

自主勉強会 
 知り合いを通して、この時期、2つの勉強会に参加することになった。
ひとつは、韓国の人たちと日本人の留学生の、韓国語と日本語の勉強会で、週1回、シンチョンで行われている。会員が数十名もおり、日本語のレベルにあわせて3つのクラスに分かれていて、自主的な集まりとはいえ、かなり組織的だ。皆、20代30代の若者たちで、日本と取引のある会社に勤めている人が多い。夜7時から9時半過ぎまでの勉強会の後は、毎回、希望者を募り、近くのお店で軽くお酒を飲みながら親睦を深める。
もうひとつは、韓国人大学生数人の日本語の勉強会だ。地下鉄を乗り換えて1時間ほど行ったフェギという駅の近くの喫茶店で、こちらも週1回ずつ、私は、オブザーバー的に参加する。天声人語や夏目漱石の小説の読み合わせなどをやっていて、皆、日本語のレベルはなかなかだ。
2つの勉強会の人たちには、学校での発表の原稿を見てもらったり、アンケートに協力してもらったりして助かったのはもちろんのこと、身近にたくさんの韓国人の知り合いができて、いろんな話をすることができ、とても楽しかった。

MTと称する、親睦を深めるための合宿に参加したときのこと。会費は3万ウォン程度で、夜と朝の食料を手分けして準備して-私はただ参加するだけだったが-バスでカンファド(江華島)の民宿へ。バスの中には、同じようにダンボール箱に食料や飲み物を持った若者たちの集団があちこちにいる。
民宿の向かい側は、ケッポルといわれる遠浅の海岸で、家族連れや若者たちが、潮干狩りやどろんこ遊びを楽しんでいる。若者たちの遊び方がとても大胆で、男女入り乱れ、服を着たまま、頭の先まで泥だらけでころげまわっている。皆の遊ぶ様子をみていたら、あっという間に潮が満ちて、いままで遊んでいた浜は、すっかり水にかくれてしまった。
夜は、外でバーベキューパーティ。ビールや韓国焼酎といっしょに、コチュジャンをつけて野菜で包んで食べる焼き肉の味は格別だ。その後は部屋でゲームを楽しみ、3次会でまた飲む。私は途中で休ませてもらったが、会は朝まで続き、その後は、朝食の特製キムチチゲの準備。夜も朝も、準備の中心は男性たちで、彼らの体力と甲斐甲斐しさ、手際の良さには感心してしまった。
そういえば、週末など街で飲むときも、2次会、3次会…と朝まで飲んだり、おしゃべりしたり、歌ったり、踊ったりすることは珍しくないのだそうだ。

勉強会の仲間たちが、奉仕活動をしているというので、どんなことをしているのか聞いてみた。

次回へ続く・・・


★ エステルームアフロディテでは 顔の浮腫み しみ シワ 小じわ くすみ 毛穴 垂水 くま 法令線 乾燥肌 赤ら顔 老化肌 改善と 美白肌 をサポートします。

★ エステルームアフロディテでは セルライト 痩身 ダイエット 脚痩せ 下半身浮腫み 上半身垂水 脂肪吸引ケアー サポートします。


line

韓国情報part41

春学期
 4月初め、春学期、5級がスタートした。国籍別人数配分は4級と変わらないが、驚いたのは、韓国人と国際結婚している人が13名中4名、それに、中国の朝鮮族の若者が1名で、日常会話は韓国語ぺらぺらの人たちが3分の1以上いたことだ。
中国の朝鮮族については、留学中に知ったのだが、日本の植民地支配のために中国に渡った人たちによってつくられ、現在は200万人もいるという。民族の言葉、風習などを受け継ぎ、学校も独自に運営されていて、韓国に働きに来ている人たちも多いとのことだ。
初日から、あまりの語彙力の違いに、なんでこんな人たちと一緒に…と打ちのめされてしまった。さらにショックなことに、聞き取り練習で流れたテープが、何を話しているのかほとんど聞き取れず、授業もちんぷんかんぷんで、まるで小学校から中学を飛び越して高校に入ってしまったような気分なのだ。そういえば、まだこちらに来たばかりの頃、下宿の若い先輩が、「1級から始めて、6級の卒業まで継続する人はあまりいないね…」と話していたのを思い出してしまった。そういうことだったのか…。
この調子では、6級どころか5級だって終わりまでついていけるだろうか…暗~い1週間が過ぎて、クラスの人たちと親しくなってきてわかったのは、ショックを受けたのは私だけではなかったことだ。先生も、皆の様子をみながら、少々ピントの外れたことを話しても温かく受け止めて、授業のペースを調整しながら進めてくれたので、3週間ほどで、なんとかショックから立ち直ることができた。
5級の授業は、教科書に加えて、最近の韓国の話題を、聞き取りや読み取りの題材に使うので、単語の幅が多岐に渡っている。加えて、韓国の文化について、自分でテーマを決めて調べて発表したり、自分で作ったアンケートに、20人以上の韓国人に答えてもらい、その結果を発表するといったこともあり、かなり忙しい。
が、振り返ってみると、新聞発表などを通して韓国のいろんなことに対する関心が高くなってきた時期でもあり、ほかの人たちの発表も興味深く、たいへん勉強になった。
また、4級から始まった選択授業は、歴史1を選んだ。
いわゆる「檀君神話」から始まり、李氏朝鮮の初期までの韓国の歴史だ。ペクチェ(百済)の王ムニョン(武寧)は日本に生まれ育ったという記録が残っているという話や、ペクチェの流れを汲む一族がその後の日本の起源になっているという一説、任那日本府に対する批判など、古代日本に関係する話がいくつか紹介されて、とても興味深かった。ちなみに、ムニョン(武寧)大王の陵は、1971年にコンジュ(公州)で発見されて公開されており、公州博物館にはたくさんの遺品が展示されている。
ところで、語学堂には、日本人を含めて、国際結婚をして韓国語を学んでいる学生が何人かいたが、親しくなっていろいろ話して、ちょっと意外だったことがある。それは、日本人の場合、欧米に英語の語学留学をしていて知り合ったケースが多かったことだ。結婚はしていないが、欧米への留学を終えてこちらに留学したという人もいて、共通して「欧米に留学していて、韓国人留学生とは、顔立ちも似ているし、同じ東洋ということで、親近感を感じて親しくなったけど、隣の国なのに何も知らなくて…」といった話をしていたのも印象的だった。

次回へ続く・・・


★ エステルームアフロディテでは 顔の浮腫み しみ シワ 小じわ くすみ くま 毛穴 垂水 老化肌 法令線 乾燥肌 赤ら顔 改善と 美白肌 をサポートします。

★ エステルームアフロディテでは セルライト 痩身 上半身浮腫み 下半身むくみ 脂肪吸引ケアー ダイエットをサポートします。


line

韓国情報part40

春休み
 3月後半、充実した4級-冬学期が終わり、10日ほどの春休みに入った。
日本では、ちょうど年度がわりの慌しい時期だが、韓国では新年度は3月から始まるので、さほど慌しい感じはしない。ただ、日本からの留学生は、昨年4月から1年間の予定で留学していた人が多く、4級の終わりごろは「このまま日本に帰るか、残って6級まで続けて、卒業証書をもらうか」といったことがよく話題に出た。皆より1学期分遅く始めた私も、当初の予定ではあと1学期を残すだけとなったが、ここまで来ると、更に2ヶ月半延長して…家の人たちにはちょっと申し訳ないが、やはり卒業したい…。
 短い春休みだが、一時帰国して家族に相談し、金銭面、着替えなど、そちらの方向で準備して戻ってくる。
 ところで、3月と言えば、日本では花粉症で悩まされる人が多いが、韓国では、花粉よりも、中国から来る黄砂の影響が深刻だという。冬の澄んだ空気とは対照的に、空はいつもどんより曇っていて、黄砂を避けるために、マスクをする人もいるという。特に、雨が降った後、車全体が泥を投げつけたように汚れているのにはびっくりした。
 また、この3月は、日本に関するニュースが、連日テレビや新聞をにぎわせていた。靖国問題、教科書問題、ドクド-竹島問題…日本が国連の安保常任理事国入りをアピールしたことと相まって、反日感情が高まり、小学校などでは、あらためてドクドに関する歴史の特別授業を行ったという。せっかくの‘日韓友好の年’2005年も台無しだ。
日本人の学生の間では、ドクド-竹島に関してはよくわからないというのが現実で、韓国人の知り合いは、自分たちの領土ということで、学校でしっかり習ったという。ニュースで知る情報とは違って、それ以上はたいして話題にもならずに過ごしていたのだが、日本にいる友人から「そちらの治安は大丈夫?」といったメールが届いた。日本で報道されるニュースだけを見ていると、きっと、国中が反日ムードのように感じられるのだろう。私の周りでは、ヨンセ大学学生会館前の横断幕に、日本批判のスローガンが加わったのと、近所の居酒屋2軒ほどの入り口に、「日本人お断り」の張り紙が貼られた以外には、大した変化はなく、普通に生活している限り、何の危険も感じない。「冬ソナ」でにぎわっているチュンチョン(春川)の、あるお店のご主人が、テレビのインタビューで「子どものけんかに親は口を出さない」と答えていたのが印象的だった。

次回へ続く・・・

★ エステルームアフロディテでは 下半身むくみ 上半身たるみ ダイエット 脂肪吸引ケアー 痩身 セルライト サポートします。

★ エステルームアフロディテでは 顔のむくみ しみ シワ 小じわ くすみ くま 毛穴 たるみ 老化肌 法令線 赤ら顔 乾燥肌 改善と 美白肌 をサポートします。

line

韓国情報part39

日帰り旅行
 何の予定も無い休日。下宿の食堂で食事をしていて、「明日、○○行かない?」といった話が出ることがある。市内の観光やショッピング以外にも、ちょっと足を伸ばすと日帰りで観光できるところがたくさんあるのだが、乗用車の無い下宿の友だちだけで出かけた、トラサン(都羅山)とカンファド(江華島)は、予想外に興味深く、印象に残っている。

 トラサンは、シンチョン駅から直接、列車で行くことができる。約1時間あまり北へ行くと、その向こうは、DMZ(非武装地帯)を隔てて、すぐ北朝鮮だ。実際には、ひとつ手前のイムジンガン(臨津江)駅で降り、パスポートの提示と料金の支払いといった観光手続きを行って、又、トラサン行きの列車に乗る。降りたところに観光バスが待っていて、トラ(都羅)展望台、第3洞窟に案内してくれる。
 トラ展望台は、北朝鮮を一番近くで見ることができる南側の最北端の展望台とのことで、模型と、実際の景色を見ながら、日本語の堪能な若い兵士が説明をしてくれた。とてもステキなお兄さんで、一緒に行った若い友人たちは、記念撮影を撮ってニコニコ。展望台から見える北側は、整然として人影が無く、自然の美しさが印象的だった。
第3洞窟は、朝鮮戦争当時、北側から掘り進められた洞窟ということで、私たちもヘルメットをかぶって、トロッコで洞窟の中に入り、見学した。ところどころにダイナマイトで爆破した痕が残っており、生々しい。併設された資料館には、南北分断の歴史や、現在のDMZの自然の様子などがわかりやすく展示されており、ビデオ上映でも日本語の解説を聞くことができた。
有名な板門店へ行くには、事前に予約が必要で、制約もあるようで、結局行かないでしまったが、今回の見学でも、いろんなことを感じ、知ることができた。冷たい雨が降っていたこともあり、普段の一般的な観光とは違って、とても緊張感のある一日だった。

 カンファド(江華島)へは、なんとシンチョンのバスターミナルから直行便がでていて、1時間半程度で行くことができた。
初め‘カンファド’という地名を聞いてもピンとこなかったのだが、漢字を見て、江戸時代末期、日本の朝鮮半島植民地化の一歩となった「江華島事件」があった島だということがわかった。その程度の知識だけで出かけたのだが、予想外に見るところが多かった。
現地のバスターミナルで降りたあと、江華島条約が結ばれた跡地や、コリョ(高麗)時代の城跡、青銅器時代の墓石などを見学。さほど広くはない島だが、遺跡は点在しているので、地図をみながら歩いて回るのは結構時間がかかる。2月の、天気がとても良い日で、寒いとは思わなかったのだが、道沿いの用水路の水が牛乳のように白くかちかちに凍りついていてびっくりする。
午後は、各国からの侵入を阻止するために作られたという、砲台跡を見学して、隣にある歴史館へ。ここで初めてカンファドの歴史を知ることになったのだが、意外だったことがひとつある。
ほとんどの史跡に記されている、「16世紀イムジンウェラン(任辰倭乱)の際に、云々…」よりも、ここでは、蒙古軍の侵入が先で、その説明に多くのスペースが取られている。また、19世紀の後半には、日本を含めて、諸外国からの侵入がここから行われようとしたことも紹介されており、いまは、とてものどかに見えるカンファドが、歴史的には、国防の要だったのだ。
島の南側にある、有名な、マニサン(摩尼山)、チョンデュンサ(伝燈寺)へは、時間が足りなくて行けなかったが、大きな夕日と美しい夕焼けを見て、市場でおみやげを買って帰宅。是非、また行ってみたいと思う。あ、そういえば、映画「シルミド」で知られる、島“シルミド”は、カンファドの南側に位置するのだそうだ。

次回へ続く・・・

★エステルームアフロディテでは セルライト 痩身 下半身むくみ 上半身たるみ 脚痩せ ダイエット 脂肪吸引ケアー サポートします。

★エステルームアフロディテでは 顔の浮腫み しみ シワ 小じわ くすみ 毛穴 垂水 法令線 老化肌 乾燥肌 赤ら顔 くま 改善と 美白肌 をサポートします。
line

韓国情報part38

ついに、ドラマに…

授業以外にも、この時期、私にはちょっとした変化があった。
韓国ドラマを見ていて、理解できる言葉が増え、ストーリーがわかるようになってきたのだ。一般的には、留学して3ヶ月ぐらいすると、だいぶ言葉が聞き取れるようになると言われるが、私の場合は、6ヶ月にしてそれを実感できるようになったということらしい。
もともと、日本にいるときはあまりテレビをみる習慣はなかったのだが、ここにきて、すっかりドラマにはまってしまった。夜、友だちと飲みに行っても、ドラマの時間にはそそくさと帰宅するという‘健全な’日々が続いた。まだ、普通の会話は早すぎて聞き取れないことも多いのだが、習ったばかりの言葉、ことわざなんかが出で来ると、やった~!という感じだ。日本では、ことわざや四文字熟語を日常生活で使うことはほとんどなくなったが、こちらでは、ドラマの中でも結構良く使われている。また、映画同様、恋人同士の会話は比較的ゆっくりなので聞き取りやすい。まあ、聞き取れても、それを実際に使うことは無いのだけれど…。
3月の終わりごろだったか、下宿の友人からの情報で、土曜日の夜中「冬のソナタ」の再放送をやっていることがわかった。眠い目をこすりながら、あの有名な“冬ソナ”を初めて原語で見ることになった。遅ればせながら、韓国ドラマ好きのおばさんの仲間入りだ。
ところで、テレビを見ていて気づいたことがある。
まず、ドラマの途中にコマーシャルの時間がない。1時間ずうっとドラマが続いて…最初のうちは、トイレにも行けなくて困った。なんでも友だちの話では、途中にコマーシャルを入れたら、視聴者から苦情が多くて無くなったとか。で、その代わり、コマーシャルの時間というのがあり、その時間は15分ぐらい繰り返しぶっ続けで、がんがんコマーシャルをやっている。また、いわゆる国営放送のKBSでも、コマーシャルをやっている。
それから、ドラマは再放送も結構やっているので、同じものを2回3回見ることもできる。初め見たときは聞き取れなかったせりふが2回目は聞き取れたりするので、私にとってはありがたい。
その日のメインニュースは夜の9時だが、石油の価格や為替の変動についてのニュースが意外に多い。円の価値が国際的にどうなっているのか、日本にいるときは、せいぜい車のガソリンの値段を通して感じる程度だったのだが、ここにいると、いやおうなく気づかされる。また、街角でマイクを向けられた市民が、皆、恥ずかしがらずにしっかり意見を言うのも、日本とはちょっと違う感じだ。
また、日本に関する報道も結構多い。政治的なことに限らず、地震や台風の被害の様子や、人々の日常生活に関する特集など、多岐に渡っている。そういえば、6級の夏、仙台で地震があって、家の近所のプールの屋根が落ちたときも、当日、KBSのニュースで知ったっけ。
あ、それからいつだったか、これはNHKの海外放送だったと思うが、夜中に偶然つけたら、‘生’の小泉首相が「日本に遊びに来てください!」と、日本の宣伝をしていた。一国の首相が、なにやってんだか…そんなことやってないで、昼間の外交もっとしっかりやってよ、と思うのは私だけだろうか。

韓国の最近の音楽、いわゆるK-POPを聴く機会も増えた。
テレビでも、1日中音楽を流している局があるのだが、私の場合は、下宿で知り合ったSさんが「一人で部屋にいて、退屈なときにでも聞いてね」と気を使ってくれて、CDプレーヤー付で、今人気の歌手のCDを何枚も貸してくれたのがきっかけだ。それまでは、家から持ってきた、大好きなB'zの曲ばかり聴いていたのだが、その頃から、音楽といえば‘韓国物’にすっかり変わり、それは今でも続いている。気に入った曲をみつけると、繰り返し聴くので、新しい単語や言い回しなどを覚えるきっかけにもなり、一石二鳥だ。

次回へ続く・・・


★ エステルームアフロディテでは 顔の浮腫み しみ シワ 小じわ くすみ くま 毛穴 たるみ 乾燥肌 赤ら顔 法令線 老化肌 改善と 美白肌 をサポートします。

★ エステルームアフロディテでは セルライト 痩身 垂水 浮腫み 脂肪吸引ケアー ダイエット 下半身浮腫み 上半身垂水 サポートします。
line

春の七草粥

みなさん昨日、七草粥いただきましたか?私は”七草を刻みおじや”にして岩塩と黒コショウを入れていただきました。とても美味しく出来上がりましたよ。

七草おじや?
s100107_222012.jpg

★ エステルームアフロディテでは セルライト 痩身  下半身浮腫み 上半身垂水 ダイエット 脂肪吸引ケアー 脚痩せ サポートします。

★ エステルームアフロディテでは 顔のむくみ しみ シワ 小じわ くすみ くま 毛穴 法令線 老化肌 たるみ 赤ら顔 乾燥肌 改善と 美白肌 をサポートします。
line

韓国情報part37

選択授業は、韓国の歴史や文学、政治史、作文、新聞発表などがあり、私は、下宿の先輩のアドバイスを受けて、新聞発表を選択した。形式はクラスで行う方法とほぼ変わらないのだが、6級までの縦割りなので、学生がすっかり変わって、いろんな国の学生と知り合うことができた。日本から来た学生が多いと、授業中は、学生の自発的な発言が少なく、しーんとして先生中心の授業が進むのだが、選択授業ではいろんな国の学生がいて、活発な発言や意見交換がなされた。
新聞発表にしても座談会にしても、自分の意見を言うことになるので、もともと討論好きの私は、なんとか自分の考えをわかってもらおうと、さび付き加減の脳をフル回転。おかげで、話すことにだいぶ抵抗がなくなった。加えて、今の若者たちの考え方、国による考え方の違いなども知ることができて、とても面白かった。

 新聞などを通して漢字語の学習量が増えたことと共に、ことわざや四文字熟語、慣用句、擬音語、擬態語などを学ぶ機会も増えてきた。
 漢字語、日本語的に言えば熟語だが、実は韓国語の70~75パーセントが漢字語で成り立っていると言われる。新聞を読むようになってその事を実感するようになったのだが、漢字の使い方が日本語の熟語とかなり似ているので、テーマがわかると、ああ、これはこういう内容だから、ここは○○という言葉かな、というふうに、知らない単語でも、ある程度は推測して読み取ることができる。新しい言葉をなかなか覚えられない私としては、かなりうれしい。
初めの頃は、漢字語なんだから漢字で書いてくれれば良いのに…と、うらめしく思ったものだが、慣れてくると、パズルを解くようなスリルがあってなかなか面白い。昔の新聞など、たまにハングルと漢字の混じった文章を読むことがあると、かえって漢字が邪魔に感じるから、慣れってすごい。
また、ことわざや四文字熟語も、日本のものと似ているものが結構あって、比較的わかりすい。年を取っている分、若者より有利だろうと思っていたのだが、これに関しては、“漢文の国”中国からの留学生が圧倒的に強かった。さすがである。
習っていて面白かった言葉がいくつかある。‘八方美人’(パルバンミイン)は、日本とは違って、いろんな才能のあるすばらしい人をさす、いわばほめ言葉なのだそうだ。‘賢母良妻’(ヒョンモヤンチョ)は、日本語と“母”と“妻”の順序が逆だが、どちらをより重要と考えていたかを反映しているのだろうか。それから、‘わらじにも、連れ合いがいる’ということわざがあるのだが、日本語であてはまることわざとしては、‘割れ鍋に綴じ蓋’といったところか。20代の女性の友人がこれを聞いて、「あんまりだ!」と言っていたので、忘れられなくなってしまった。
擬音語、擬態語は、日本にもたくさんあるが、韓国にもかなりたくさんあるようだ。喜怒哀楽の表現にしても、風や水の流れる様子など感じたことを表すにしても、いろんな表現があり、いまだによくわからない。ちなみに、蚊は‘エーン’(プーン)と飛び、赤ちゃんは‘アジャンアジャン’(よちよち)歩く。
韓国語でスゴ(熟語)といわれる、いわゆる慣用句も、かなりたくさんある。
例えば、何かを期待して待つとき、日本では「首を長くして…」だが、こちらでは「目が抜けるほど…」となり、交際範囲が広いことを、日本では「顔が広い」と言うが、こちらでは「足が広い」と言う。先生の話では、顔が大きいことを気にしている人が多いので、「『顔が広い』なんて言ったら、相手の人は怒りますよ」とのこと。まあ、本当かどうか、試してみなかったのでわからないが…。
5級6級と進むにつれて、ますますいろんなスゴがでてきたが、言葉の使い方を通して、生活の歴史や文化、ものの感じ方考え方なども推し量ることができ、韓国語を学ぶ楽しみがまたひとつ増えた。
ところで、顔の話が出たついでに、こちらでは一重まぶたの人が多いのだが、二重まぶたにあこがれて美容整形をする女性が多いのだそうだ。誕生日のプレゼントに、両親が手術の費用をプレゼント…というケースもあるというからびっくりだ。そういわれてみるとシンチョンでも美容整形外科の看板が多いし、テレビを見ていると、整形のあとが見える女優さんも多いような…。韓国人の知り合いに「“二重まぶた”という単語は聞いたことがあるが、“一重まぶた”はどう言うのか」と聞いたところ、「そういう単語は無い」というからまた面白い。
次回へ続く・・・



★ エステルームアフロディテ では セルライト 痩身 下半身浮腫み 上半身垂水 脚痩せ ダイエット 脂肪吸引ケアー サポートします。

★ エステルームアフロディテ では 顔のむくみ しみ しわ 小じわ 老化肌 くすみ くま 毛穴 法令線 乾燥肌 垂水 赤ら顔 改善と美白肌 をサポートします。
line

韓国情報part36

冬学期、始まる
長い冬の休みが終わり、1月半ば、シンチョンに戻ってきた。
下宿のある路地に入ったら…なんか違う。よ~く見ると、道路に大きな横断幕がかかっていて、「美しい町づくり、ごみの分別収集を徹底しよう」といったことが書かれている。これで、シンチョンの街も、もう少しきれいになるといいのだが…。
この時期のソウルは、雪は少ないものの、マイナス10度以下の日もあり、仙台に比べるとかなり寒いと聞いていた。果たして、どんなことになるのかと心配だったが、いざ迎えてみると、風がほとんど無く、それほど寒くは感じない。又、シンチョンの雑踏をかき消してくれるような、朝の凛とした空気が、とても心地よい。もちろん気温は低いので、外に立っているとすぐに体の芯から冷え切ってしまう。帽子やマフラーなどの防寒具は必需品だ。

さて、4級のクラスは、在日の子弟を含め日本からの学生が10名、中国人2名、アメリカ人1名の構成。3級の時一緒だったクラスメートが3人もいるので心強い。50代は私だけで、30代10代も1名、あとは20代だ。
4級になって、授業内容がいくつかの点でそれまでと大きく変わった。
まず、教科書だが、日本語の表記がまったく無くなった。3級までは、英語と日本語の、単語の説明や例文の訳などが書かれた、2種類の教科書があったのだが、4級の教科書は1種類で、文字が小さくなり、しかもどこを見ても全部ハングルだ。
また3級までは、会話形式の、文法中心の教科書を使った授業と、同じ内容のテープによるリスニング・発声練習、それに読み方の教科書の授業が中心だったのだが、4級は、リスニング・発声練習が無くなり、新たに、6級までの縦割りの選択授業と、座談会(クラス討論会)、テレビ番組や新聞記事を利用した授業などが入ってきた。
一見かなり高度になった感じだが、私にとってはとても興味深いものになった。というのも、もともと、文法的な配列や助詞の使い方などが日本語と似ているのに加えて、新聞やテレビ、ネット上で見られる時事問題などは漢字語が多いので、日本語圏の、しかも大人には比較的理解しやすいのだ。また、韓国の現状を知ることができる良い機会にもなった。
それから、授業を聞く私のほうにも変化があった。なんと、先生の話をよく聞き取れるようになったのだ。休み中、Jさんと過ごしたことが大きかったのか、あるいは、先生の話し方が上手だからなのか、半年間勉強して、勉強の要領がわかってきたことも影響しているのか…。
新聞記事を利用した授業は、授業の前にあらかじめ、自分で気に入った記事を探して、わからない単語をすでに知っている簡単な韓国語で説明し、内容を要約、それに自分なりのコメントもつけたレジュメを作る。それをクラスで発表し、クラスメートの質問や意見などを受け付ける、といったもの。単語調べ一つにしても戸惑うことが多く、小学生むけの国語辞典(もちろん韓国の)を買って調べたりしたのだが、韓国の生きた情報を知る上で、とても参考になった。日本の場合もそうだが、記事のなかには社会問題も多く、外国人には知られたくないことも多いと思うのだが、それをあえて授業に取り入れる学校の姿勢にも感銘した。
次回へ続く・・・




☆エステルームアフロディテででは セルライト 痩身 脚痩せ むくみ たるみ ダイエット 脂肪吸引ケアー
をサポートします。

☆エステルームアフロディテでは しみ たるみ くま 乾燥肌 法令線 毛穴 むくみ しわ ニキビ くすみ 赤ら顔 小じわ 老化肌 改善と 美白肌 をサポートします。








line

韓国情報part35

 帰国してみて驚いたのは、日本を発った6月には、わたしの周りではさほどでなかった韓流がブレークし、ちまたに溢れていたことだ。レンタルビデオショップには韓流コーナーが大きく場所を占め、本屋には、韓流を扱った雑誌やドラマ本、さらにはドラマの漫画本も並び、韓国語コーナーにも、多彩なテキストが並んでいて…、それどころか、知り合いや親戚にも“はまっている”人がいて、本当にびっくりした。
Jさんは、私が帰国して20日ほど後に、来仙した。
彼女とは、私とは韓国語、夫や娘とは日本語で会話する約束をした。もっとも、うちの家族は、韓国語は全くわからないので当然だが…。ソウルに行って、右も左もわからなかった夏からお付き合いを始め、いろいろ助けてもらったので、この機会に少しでも恩返しができればと思って、あれこれ計画を立てていた。が、彼女にとってはスーパーでの買い物など身近なことも新鮮だったようで、あっという間の楽しい10日間だった。
実際に一緒に生活してみて、学校で話すことや友人と外で話すことと、寝食を共にしながら話すこととは、かなり違いがあることを感じた。うまく言えないが、一緒にいると、その時間は韓国語で感じ、考えることが多く、また、相手との親近感も増すので、本当に身近な日常で使う表現を、自然に聞いて覚えられるのだ。もちろん学校でも習うのだが、それはあくまでも勉強で、生きた言葉にするためには、このような日常的な機会が大事だと思った。
Jさんは、私がソウルにもどる2日前、東京に出発した。荷物はスーツケース、リュックサックそれに寝袋、日本語学校の寄宿舎に入るということだが、そこには布団がないため、寝袋を用意したのだという。
東京の冬は、ソウルに比べるとかなり暖かいのだが、韓国は、昔から、オンドルという床暖房が発達しているので、室内の温度は日本よりはるかに暖かい。昔は、かまどの火を利用して床下を温めていたというが、現在は、ガスなどを使ったボイラーでお湯を沸かして、そのお湯を利用した床暖房が多いらしい。実際に生活してみてわかったのだが、とても暖かくて、直にすわるとおしりが乾燥してしまう。座布団はおしりを温めるためではなく、温めすぎないために必要なほどだ。暑がりの人は半そででも十分暮らせるし、洗濯物も、床に並べておいたほうが乾くくらいである。
Jさんが、寝袋一つで、初めての東京の冬を暮らせるのか、ちょっと心配だったが…後で聞いたところ、なんとか大丈夫とのことで、ほっとする。 次回へ続く・・・


★ エステルームアフロディテでは 顔のむくみ しみ しわ 小じわ くすみ くま 毛穴 老化肌 法令線 乾燥肌 赤ら顔 たるみ 改善と 美白肌 をサポトします。


★ エステルームアフロデイィテでは セルライト 痩身 下半身むくみ 上半身たるみ 脚痩せ ダイエット 脂肪吸引ケアー をサポートします。

line

新年を迎え

今日、エステルームアフロディテでは2010年の初ご予約のお客様を迎えます。(^-^)新年早々とてもありがたく今日は午後8時までご予約のお客様でいっぱいです。(^^)v2010年も私の経験を生かした手法でお客のフェイシャルからボディまで美しさを維持して行きたいと思っております。どうぞ新しい年もエステルームアフロディテ(美の女神)を宜しくお願い申し上げます。

純白の雪が舞い降りる風景(店内より)

s006.jpg



★ エステルームアフロディテでは セルライト 痩身 ダイエット 下半身むくみ 上半身たるみ 脂肪吸引ケアー 脚痩せ サポートします。

★ エステルームアフロディテでは 顔のむくみ しみ シワ 小じわ くすみ くま 毛穴 垂水 乾燥肌 赤ら顔 法令線 老化肌 改善と 美白肌 をサポートします。
line

韓国情報part34

その夜は、街を歩く人々に、おいしいカルビの店はどこにあるかと聞きながら、あちこち探し回って、ついに発見。安くておいしいカルビをたらふく食べて大満足だった。
次の日は、ナムサン(南山)へ。山全体が文化財の宝庫といわれるこの山には、40余りの渓谷に120余箇所の寺跡と100余りの石仏、70余基の石塔などの遺跡が散在しているという。山登りには全く自信のない4人だが、「疲れたら、途中で降りようね」を合言葉に、のんびり登ってみることにする。
サムヌン(三陵)という、その名の通り3つの古墳が並んでいるところまでバスで行き、そこから山に入る。驚いたことに、道標らしきものはほとんど見当たらず、どこが道なのかもはっきりしない。他の人たちが向かう方向がそうなのだろうということで、なんとなく流れに沿って登っていく。ところどころに、1000年以上もの間、風雪に晒されたままの素朴な仏像がひょっこり現れる。しばらく登るうちに道が狭く険しくなり、山間にお経がひびき渡り始め、小さなお寺にたどり着く。昼時近いためか、無料でカルグクス(細麺のうどん)がふるまわれており、私たちもおいしくいただく。
そうこうしている間に、登山客がどんどん増えて、4人がはぐれそうになることしばしば。道はさらに険しく、ほとんど一人しか通れない道幅なのに、いつの間にか、登る人と降りる人が入り混じって、列をなしている状態になっている。もちろん手すりなどは見当たらない。ちょっと、誰かが足をすべらせたら、将棋倒しになるのではという不安が頭をかすめる。見晴らしの良い高台で一休みしながら、帰りの時間のことも考慮し、下山することにする。
下り道は、期せずして、次々に登ってくる人たちを見ながらになった。家族連れで赤ちゃんをおんぶしたお母さん、妊婦さん、小学生らしい子をおんぶしたお父さん、年配の人々など、街中を歩くような感じで、皆軽々と登って行くのだ。もちろん、転ぶ人などはいない。韓国の人たちがよく山登りをするという話は聞いていたが…。
帰りは、3時ごろのバスに乗れば、夕飯時にはソウルに着くのではと、軽く考えていたのだが、予想以上に人が出ていて、バスは満席。一時間以上待つことになった。ああ、今日は日曜日…。高速道路も混んでいて、ソウルに近づくにつれて、全然動かなくなり…ホテルに着いたのはなんと夜11時過ぎだった。

冬休み
12月初旬、秋学期3級が無事終了し、1ヶ月と1週間の長い冬休みに入った。
休みに入る前、授業中に、3級が終わったらどうするかということが話題になった。学校をやめて、国に帰って就職活動をする、主婦生活を始める、また、長い休みを利用してあちこち旅行するなど、それぞれ計画を立てていて、私は、年末の大掃除も待っているので、6ヶ月ぶりに家に帰ることにしていた。
 担任の先生は、私が1ヶ月も家に帰っていたら韓国語を話す機会が無くなるのではと心配していたが、実は私自身もそのことは気になっていた。それでなくても、会話が苦手なのに、1ヶ月も離れていたらどうなるのだろう…??ところが、運よく、ソウルで知り合ったJさんが、大学の卒業に合わせて、1月から3月まで東京に短期留学するという。その前に、仙台に寄って我が家にホームステイして、韓国語の会話の練習に付き合ってくれないかと誘ったところ、快諾してくれ、その心配はすっかり解決した。

次回へ続く・・・



★ エステルームアフロディテでは セルライト 痩身 下半身浮腫み 上半身たるみ 脚やせ 脂肪吸引ケアー ダイエット をサポートします。

★ エステルームアフロディテでは 顔のむくみ しみ シワ 小じわ くすみ くま 毛穴 法令線 老化肌 乾燥肌 赤ら顔 垂水 改善と 美白肌 をサポートします。

theme : いいもの見つけた
genre : 日記

line

2010年よろしくお願い申し上げます。

2010年新しい年を迎え気持ちも新たに、私は元旦に必ず行っている行事がございまして先祖のお墓参りで新年を迎えます。皆様もお世話になっている大切な方へのご挨拶で忙しいのではないでしょうか?今年も皆様に取って健康であり幸多き年となりますように本年もよろしくお願い申し上げます。

家族総出でお参りする方達で駐車場はいっぱいになりました。
s100101_134825.jpg


★ エステルームアフロディテでは セルライト 痩身 下半身浮腫み 上半身たるみ 脚痩せ ダイエット 脂肪吸引ケアー をサポートします。

★ エステルームアフロディテでは 顔の浮腫み しみ シワ 小じわ くすみ 毛穴 乾燥肌 垂水 くま 法令線 老化肌 改善と 美白肌 をサポートします。

theme : ヾ( ^ω^)ノワーイ
genre : 日記

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

RIEKO

Author:RIEKO
FC2ブログへようこそ!

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
フリーエリア
エンダモロジーでセルライト改善  とオールハンドフェイシャル
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line